化粧品への興味は20代前半がピークで、それからは徐々に下がっている、という感じですがクリスマス時期だけは別です。それは各ブランドが用意する「クリスマスコフレ」の存在があるから。スキンケア製品合わないことも多いので手を出せませんが、メイクのコフレを中心に、毎年5つくらいは購入します。 クリスマスコフレ購入を機会に、はじめてのブランドにチャレンジしてみることもありますが、最近は必ずチェックするブランドというのは決まってきています。MAC、ポールアンドジョー、ナーズ、ジルスチュアート、ボビーブラウン、といったメイク用品メインのブランドがそれで、あまりたくさん持っていても使うことのない、ブラシやネイルポリッシュが入っているもの、荒れる確率の高い口紅が入っているものを除いた中から最終的にはピックアップします。 クリスマスコフレはポーチ代が加算されているので、お得かというとそうでもないのですが、12月に買っておけば、ほぼ1年その化粧品を使ってすごせる、ということもあり、毎年の行事化しています。